« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月31日 (水)

さぼり病。

Kc350032気がつけば5月最終日。
今月はあらゆることにやる気になれず、パソコンも見て見ないふりをしてぼんやり過ごしていた。
ぼんやりしていたのは私だけで、私の周りではいろんなことが起こっていた。
サスケが突進してバタンと倒した姿見で床が思いっきり傷ついたり、町内会のドブ掃除にうっかり寝坊してしまい大慌てで班長さんのところに謝りに行ったら「気にしないで。それからこれ。」と参加賞のファンタを手渡され気まずかったり、なぞの小さい虫が大発生しそれの駆除に必死になったり、空き地だったお隣に家が建つことになったり、母の日にバランスボールを贈るついでに自分用のバランスボールもこっそり購入したり、そのバランスボールをサスケが怖がりたてがみを立て吠えまくったりと。
日中とても暑くなってきて、サスケのやる気も下り坂で寝ていることが多い。そんなサスケを見ていると私の瞼もゆっくり下りてくる。アスファルトの熱が取れる日暮れ前まで部屋でじとっとしている。こんな生活を送っていたもんだからすっかりさぼり体質になってしまった。
もうすぐ梅雨。ますますひきこもる日が増える。このさぼり体質から抜け出せる日がくるのか?

| | コメント (0)

2006年5月 9日 (火)

黄金週間。

我が家のゴールデンウィークは5日間。休み前は何をして遊ぼうかいろいろ考えたのだが...

_0071日目。土岐美濃焼きまつりへ。
9:00開始とのことだったので、早めに行って会場近くの駐車場を狙おうと8:20現地到着。が、もうすでに近場の駐車場は満車。誘導のおじさんに案内されどんどんと奥の方へ。
店もすでに開いており、みなさんの各自マイカートにたんまり器を乗せている。負けてなるものかとサスケのカートを車から引きずりおろし、お目当ての店へと急ぐ。店の前でサスケと相方を待たせ人を掻き分け店内に入り器を物色。前から欲しかったすり鉢と納豆鉢をお買い上げ。
ほくほくして店を出るとちょっとした人だかりが。なんだなんだと近づいてみると道行く人々がサスケを取り囲んでいる。_010みなさんそれぞれにへんな顔だとかかわった色だとか言ってからよく見るとかわいいですねと言ってくれた。誰も第一声でかわいいとは言ってくれない。なぜだ...サスケは大勢に構ってもらえるので大興奮。すでに息があがっている。その横には満面の笑みを浮かべた相方が。私の姿を見つけると「サスケ、大人気だよっ!」と私がいなかった間の出来事を報告してくれた。とてもうれしそうだ。
会場全部を一回りし、サスケのベロが全開になったところで退散する。3人ともそれぞれ大満足なまつりだった。

_008 2日目。平和公園周辺探索。
所用にて早朝名古屋駅へ。その後平和公園へ向かう。ここは以前サスケ骨折時にぶらりと寄ったことがあり、完治したら思いきり走りまわろうと決めていた公園なのである。噂によるとワンさんがたくさん集まる公園とのことだったのでかなり期待して車を降りた。が、ぐるりと公園内をまわってもワンさんの姿が少ない。むしろ池に釣糸を垂れるおじさんたちの方が多いぐらいだ。
結局、白いミックスさんとA.コッカーさんにご挨拶しただけで公園を後にし、公園近くのカフェへ。ここでもワンさんに遭遇できず、ほぼ貸し切り状態。こんな日もあるさとずずいとコーヒーをすする。
そして帰りに本場ドイツ仕込みのソーセージとドイツパン、ビールを買い込み、家でドイツまつりを楽しんだ。

_0293日目。いつものショップへ。
いつもの公園に散歩へ行き、その後いつものペットショップにサスケのエサを買いに行くと、モデルになってほしいとすてきなハーネスとデジカメを手にした店員さんが待ち構えていた。こんな落ち着きのないブヒなのによいのですかと聞くと、何枚も撮っていればきっと使えそうなのがあるはずとのこと。なるほど。よろしくお願いします。
店員さんやショップのワンさんにジャンピングアタックをくらわそうとするサスケの気を逸らすべく、勝手にお店のおやつやおもちゃをちらつかせること数分。なんとか撮影終了。お礼にとおやつをたんまりもらってサスケ的には大満足だったと思うが、飼い主的にはほんとにあれでよかったのか未だに不安である。

_0444日目。バーベキュー。
前日までの晴天と暖かさはどこへ行ったのかと思う程の肌寒さの中、はりきって3人でバーベキューをする。近所のとてもおいしいお肉屋さんで豚ホルモンを手に入れ、庭で火を熾しご近所によいにおいを漂わせながらどんどん焼き、ぐびぐび飲んだ。

_0575日目。
連日の遊び疲れのため3人ともグロッキー。テレビの前で「川」の字になり体を休める。

休みなんてあっという間に終わってしまった。

| | コメント (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »