« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月26日 (日)

いつもの公園で。

朝起きたらどよんとした雲が広がっている。
今日は早めに散歩を済ませておこうと近所の公園へ。
Img_1408
公園にはサッカー少年たちがわんさといたので、我々は人気のない外周ロングコースをぐるりと回ることにした。
Img_1523
ロング散歩にはもってこいの季節になってきた。
紅葉をながめたり、新しいカメラでサスケを追い回したりしてのんびり歩く。
Img_1517
Img_1487
Img_1482
雲行きが大分怪しくなってきたので、そろそろ帰ろうかと駐車場に向かう途中小学生に囲まれる。
Img_1565
Img_1592
めずらしくサスケがおとなしく子供に撫でられていた。
以前なら間違いなく全員押し倒していただろうに。
大人になったのね。母はうれしいよ。

| | コメント (0)

2006年11月25日 (土)

ひでおさんとランデブー。

まぶだちひでおさんとドッグランへ。
土曜日だったが早い時間に行ったので、ワンさんはまばら。
そんな中、めずらしくお仲間ブヒさんにもお会いすることができた。
Img_0018_2
ほぼ貸しきり状態のドッグランを白いのと黒いのがもみくちゃになりながら駆けずり回る。
Img_0003_5
Img_0039_2
Img_0033
たまに休憩。
Img_0037_2
すぐにどちらかが仕掛けて追いかけっこ再開。
Img_0011_3
Img_0034_4
もうすぐ冬なのにゲハゲハ激しい呼吸になるまで走りまくった。
Img_0001_8
噂によるとストレス気味だというひでおさん。
Img_0032_2
爆遊まぶだちはストレス解消のお役に立てたのだろうか?

| | コメント (0)

2006年11月23日 (木)

独り占め。

曇り空で肌寒い中、いつもの公園へ繰り出す。
こんな天気だからなのか人もワンさんもほどんどいなかった。
Img_1280_1
貸しきり状態の公園を3人で(ノーリードは無理なので)走る。
Img_1300_1
走る。
Img_1281_1
走る。
Img_1301_1 
走り疲れて(飼い主が)休憩していると、ワンさんの姿がちらほらと。
Img_1304_1Img_1332_1
いつもどおりフラれるサスケ。
そんなサスケにこの方だけはやさしかった。
Img_1306_1Img_1309
顔中に砂を塗りたくって、本日の散歩終了。

| | コメント (0)

2006年11月22日 (水)

念願の②。

ぐふふ。買っちゃった。
Img_0022_1

| | コメント (2)

2006年11月21日 (火)

念願の①。

うふふ。買っちゃった。
Img_0020_1

| | コメント (2)

2006年11月12日 (日)

極寒ラン。

久しぶりに川沿いのドッグランに行く。
Img_0001_7
今日はかなりの強風。ちょっとやそっと体を動かしてもなかなか温まらない。
そんな寒い中、ブヒなお友達もたくさん来ていてサスケなりに交流を深めていた。
Img_0015_7Img_0021_6 
以前のようにヘコリーナ・サスケを制止するべく飼い主がランすることは少なくなってきた。
が、残念ながら完全にヘコリを撲滅できたわけではない。
お気に入りのワンさんを見つけてしまうとヘコリーナ・サスケに変身するのだ。
今日のお気に入りさんはゴールデンのシンバさん。
他にもたくさんワンさんがいるにもかかわらず、シンバさんから一時も目を離さない。
Photo
しつこい男は嫌われますよ。実際嫌われていたようだ。
結局最後は飼い主もヘコリ制止に走り回り、3人ともよい運動ができた。
Img_0024_2
でもヘコリはそろそろ卒業してほしい飼い主なのでした。

| | コメント (0)

2006年11月11日 (土)

スネてます。

休みの相方にサスケを押しつけて姉と出かけた。
2、3時間で帰る予定だったが、姉と会うのは久しぶりで話が弾み結局帰ってきたのは夕方。
玄関で帰宅時恒例のサスケによる歓喜の舞とにおいチェックを受ける。
そして夕食のとき。
いつもよりサスケと相方が密着している気が。
Img_0023_1Img_0022 
必要以上に相方の顔をなめるなめる。
Img_0034_3
そして私をチラ見。
雨降りはお出かけなしのはずなのに私だけ出かけたから怒ってるの?そんな気がしたのでご機嫌をとらねばと、こっちにおいでと太ももを提供するとすんなりのぼって丸まるサスケ。
Img_0053_1
なんだ。ただ寒かっただけなのね。

| | コメント (0)

2006年11月 8日 (水)

ひなたぼっこ。

朝もとても寒かったが、昼間はぽかぽかで気持ちがよい。
この季節、太陽命のサスケは日光を追い求めて家中移動している。
ここが今日のベストポジションらしい。
Kc350001Kc350003

| | コメント (0)

2006年11月 7日 (火)

一気に冬。

寒い。
いつも朝起きたら家中の窓を全開にして空気の入れ替えをする私だが、今日はそれをためらうほど寒い。
昨日までTシャツ着用、もしくは裸族だったサスケも今日はトレーナーを着せた。
なのになぜか川原へ散歩に来てしまった。
Kc350106
今日は両親も一緒だ。
Kc350107
4人で体を温めようとダッシュしたり、鬼ごっこをして(父とサスケのみ)みるも鼻水が止まらない。
30分もしないうちに撤収。
Kc350108
そして帰ってストーブを出した。
Kc350109

| | コメント (0)

2006年11月 5日 (日)

連休3日目。(メイン)

待ちに待ったこの日。
今日はこの連休のメインイベント、「新人あきおさんお披露目&ひでおさんとランデブー」なのだ。
車からひでお母さんの姿を見つけるや否や、窓にへばりつき鼻水を散らし興奮するサスケ。なんだか先が思いやられるなあと飼い主2人は不安に。
そしておじゃましま~すと玄関の扉を開けた途端にダッシュでひでおさんの元へと急ぐサスケ。
そして始まる取り組み。今日もやっぱり激しい2人。
そんな中、いたーーー!!!
Img_0052Img_0019_1 
はじめまして。あきおさん。
なんちゅう愛らしいお顔。
暴れ組に躊躇することなく私たちにあいさつしてくれた。大物な予感。
もっとあきおさんを眺めていたい気持ちをぐっとこらえて、とりあえず暴れ組をお庭へ放牧することに。
Img_0034_2Img_0032_1
外に出してもらった2人はもう走る走る。
途中ひでおさんに正しく水道から直に水を飲む方法を伝授してもらったり、
Img_0021_5
正しいクールダウン(行水)の方法を伝授してもらう。
Img_0030
思いきり遊び、疲れたところであきおさんの待つ部屋へ戻る。
しかし、へとへとに疲れたはずのこの2人。
お互いの存在が気になって仕方がないらしく、ちょっかいを出して落ち着かない。
そのため、ひでおさんのみハウスへ。
Img_0057
ひでおさん、ごめんよ。あなたのおうちなのにね。
そして飼い主たちはお茶を頂きながら、あきおさんを迎えるまでの経緯や多頭飼いなどについておしゃべりタイム。
その間ワンさんたちは、おやつをもらったり、いつもとはちがうかわいいおねだり声を出してみたり(ひでお)、我慢しきれずありえない量の粗相をしたり(サスケ)、騒々しい外界をよそにぐーぐーいびきを掻いて寝てしまったり(あきお)とそれぞれのスタイル(?)で過ごす。
Img_00281Img_0035_2Img_0015_6
飼い主たちがおしゃべりをしている間に体力を回復した暴れ組。
また追いかけっこを始めたので、ひでお母さんの提案でご近所ドッグランへ。
日曜日ということもあってか、結構混んでいた。
ひでおさんは慣れた感じで自由に遊んでいるも、サスケはその場でかたまってしまった。
しばらくしてようやく動いたと思ったら、仕切りフェンスに沿ってそろそろ歩き出口付近で途方に暮れる始末。
Img_0066
暗い。暗すぎる。
でも帰る頃にはどうにか慣れたようで(遅)、走ったり他のワンさんとも絡んでいた。
Img_0072
ひでお家のみなさん、本日はどうもありがとうございました。とても楽しかったです。

| | コメント (0)

2006年11月 4日 (土)

連休2日目。

今日は買い物に。
お目当ての店でさくさくっと買い物を済ませ、その店のお隣のパン屋さんでパンを大量に仕入れ、パン屋さんからすぐの公園へ。
昨日の公園とは打って変わって結構な人出だった。
Img_0010_3
親子連れや野球少年たちの間をすり抜け、静かにくつろげそうな場所を探す。
歩いている途中、相方が飲み物を買い忘れたことに気付きパンを飲み物なしで食べるのはちとつらいということで、自動販売機を探すのを優先させることに。
Img_0012_2
だが探せど探せど自動販売機がみつからない。
30分ほど歩き回ってようやくみつけた頃には3人ともばてばてだった。
空いているベンチを確保し、買ったパンとカルピスウォーターで青空ランチを満喫。
Img_0017_2
くたびれたけどそれなりに楽しかった。
Img_0016_5
それから、今日もパグに間違えられた。だからちがうってば。

| | コメント (0)

2006年11月 3日 (金)

連休初日。

朝、早起きして最近見つけた散歩コースをひと回り。
Img_0004_7
初めての場所のためサスケは入念にマーキング&蹴りを。
Img_0005_4
あまり人気もなくほぼ貸切だったのでのんびりと気持ちよく散歩を満喫。
駐車場に戻り、車に乗る一歩手前でダウンする黒い御方。
Img_0007_6
連休は始まったばかり。
はじめからとばしすぎると後がつらいので今日はこれぐらいにしといてやるか。

| | コメント (0)

2006年11月 1日 (水)

知らぬが仏。

私の両親と紅葉狩りに出かけた。
Img_0029
車をびゅんびゅんとばして、2時間ほどで目的地に到着。
車を降りると、ひんやりとした空気が心地よい。
リュックを背負っていざ散策路へ。
Img_0018_1
車を停めた広場には結構人がいて写真を撮ったりしていたのだが、散策路には私たち以外誰もいない。
貸しきり状態の散策路でそれぞれ自由に秋の山を満喫した。
サスケは思う存分マーキング&嗅ぎを。
Img_0005_3
両親は落ち葉をかき分けてどんぐり&栃の実拾いを。
Img_0013_13
約1時間のんびり歩いて元の広場に戻りおにぎりをほおばっていると、私たちと同じくお弁当を食べているご夫婦が「この奥に散策路があるけど、最近ニュースで熊が出るってよくやってるからヘタに入っていかない方がいいな。」「そうね。危ないわね。」と話しておられた。
え?熊??
そういえば、サスケがマーキング中にどでかいうんちを発見していたけど、あれってまさか...
Img_0015_5
全員無事に帰って来れて本当によかった。

| | コメント (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »